光合成促進機の可能性を広げるCo2炭酸ガスコントローラー

光合成促進機とは、炭酸ガスを発生させ、不足した分を補給することで光合成を促進させ、作物の生長を促す製品です。しかし、作物の中には過度な炭酸ガス施用による濃度障害が起きやすいものもあります。

こちらの炭酸ガスコントローラFK-4Cであればハウス内の濃度を検知し、指定された炭酸ガス濃度になるように光合成促進機のONとOFFを切り替えてコントロールします。

いちご・トマト・きゅうり等様々な作物に利用可能です。

トマト、なす、きゅうりなど炭酸ガス濃度障害が懸念される作物はもちろん、イチゴ等比較的障害が少ない作物でも最適な炭酸ガス濃度管理を行うことで、もっと効果のある状態に安定させることが可能となります。

■光合成促進機が導入可能な作物例

当社で実績あり(単体使用時) イチゴ、バラ、蘭、きゅうり等
当社で実績あり(Co2コントローラ使用時) トマト、なす、きゅうり、ばら、トルコキキョウ等
他社を含め全国的に光合成促進の実績あり ブドウ、マンゴー、メロン等
現在当社協力のもと実証試験中 にら、ピーマン(パプリカ含め)、ハウスみかん
効果は期待できるがテストが必要※ 大根、レタス、パセリ、ほうれん草などの葉菜類

簡単に、細かな濃度設定が可能です。

濃度設定は240ppm~3000ppmまでは20ppm単位で、3000ppm~5000ppmまでは100ppm単位で変更できます。
設定は上限・下限のボタンを押すだけという簡単な操作となっております。

商品名 Co2コントローラ 
型式 FK-4CS
希望小売価格(税別) 126,500円

 

パンフレットダウンロード

商品パンフレット(PDF 447KB)

 

基本的な構成例

●コントローラーはハウス内の湿度の影響をなくすため約30分予熱を行った後作動します。 
●電源はAC100V 50/60hz商用電源です。(ダウントランスによる100Vは極力避けてください)
●中継ボックスC-1Rは光合成促進機以外と連動する場合は特注となります