こちらでは実際にバリテック新潟の光合成促進機を導入いただきました方の声をご紹介させていただきます。

栃木県 鹿沼市 S様(イチゴ農家)

作付け品目:イチゴ50a

購入のキッカケ

昭和60年頃「ガスコンロでハウスを保温してたら、いいイチゴが採れた!」との話しから炭酸ガスの効果を確かめる動きがあり、機械開発を始めたJAとバリテックのテストに参加したことがキッカケです。

選定基準

同じ頃、他社も光合成促進機を開発していて使ってみましたが、価格が手ごろだったことと、軽さ、運転音の静音性でタンセラ導入を決めました。

使ってみた感想

使って1週間ほどで葉の色・厚みなどで差が見られ、実のツヤ・赤み・甘味が上がりました。同じシーズンで花房が出てくるのが1~2回増えて、2割ほど収量があがりました。

また実がしまるので、パック詰めが楽になりました。メンテナンスをしていただいているJAガス様にもガス周りは迅速な対応をしていただけてるのでとても安心です。

栃木県 真岡市 S様(ナス農家)

作付け品目:ナス22a

購入のキッカケ

農業雑誌を見て炭酸ガス施用に興味をもち、各種講習会に参加してトライする気持ちになりました。

選定基準

JA様から薦められ、商品としては他社と比べ手ごろなのとガス工事・ガスの供給・メンテナンスといった一体的フォローができているので導入しました。

使ってみた感想

使って一ヶ月ほどで、生長がいいことが分かりました。(葉の色、厚み、葉にあるトゲがしっかりする)

収穫サイクルが上がり、ここ数年常に1割は収量が増えています。

炭酸ガスは使い方を間違うと効果がないが、このシステムはとても良いと思います。

周りに何軒かCo2コントローラで光合成促進機を導入している農家がいるが、炭酸ガス施用を止めたという人は聞いたことがありません。

栃木県 足利市 I様(トマト農家)

作付け品目:トマト89a

購入のキッカケ

炭酸ガス施用に興味があり、マキマイザーのコンピュータシステムを導入したが、他に国産の炭酸ガス発生機とCo2コントローラのシステムを探していたらJAガス様の紹介でバリテックの製品を知りました。

炭酸ガス発生機を探したらCo2コントローラがなく、Co2コントローラを探したら炭酸ガス発生機がない・・・そんな状態でした。

選定基準

価格が手ごろで、炭酸ガス発生機と制御装置がセットで購入できるのが、何より良い。

使ってみた感想

12月 : 施用スタート

1月 : 葉の状態がよくなった(葉の色が濃く、勢いがある。)

2月 : 花房の花の色がいい、加えて花房が充実している。

4月~6月 : 花房が多く出て、収量増加が見られる(2割くらい増えた)